アテニアとファンケルの品質を比較してメリットとデメリットを再確認

みなさんは家に帰ったら絶対にすることは何ですか?メイク落としは絶対にやると思います。

マイクを落とす際、クレンジングではどういったことに気をつけていますか?多くの人はシートタイプを使っていると思いますが商品パッケージに洗顔不要と書いてなければ洗顔石鹸でのW洗顔も行なったほうがいいです。

なぜかというとアテニアとファンケルのようなクレンジングではメイクや角栓など油性の汚れを落としますが洗顔石鹸の方では肌に付着したほこりや汚れなど水性の汚れに強いからです。

そのため、両者には補完関係があるのです。

肌の悩みや肌質に合わせて洗顔料を探しましょう。

クレンジングは肌に悪いからやめたほうがいいと聞いて石鹸洗顔に移行している人も多いようです。

実際にアテニアとファンケルのようなクレンジングシートなどは洗浄力が強いのでその分刺激も強くなります。

さらにシートタイプの場合だと拭く力もあるので更にダメージがあります。

固形石鹸の場合は天然由来の成分で作られていることが多いのでそのため、環境に優しく肌に安全に使えるものになっています。

また、洗顔クリームなどに比べ泡立たせるのが難しいので少ない量で洗えるので結果的に長持ちになり経済的な面もあります。

デメリットとしては固形石鹸を他人とシェアするとバクテリアが繁殖する可能性もあるので注意しましょう。

メイクを落としで使うレンジングオイルやジェルですが最近では肌への負担を考える人が増えてきているそうです。

そういった方たちはメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をしているようです。

時間がないからメイク落としなどに時間をかけたくないという方の中にはアテニアとファンケルのようなクレンジング効果もある洗顔剤を使ってみるという場合もあると思いますがこういった複数の効果を持つ製品の場合、どうしてもメイク落とし単品・洗顔用単品の効果に比べると弱くなってしまいます。

また、しっかりメイクをする平日に合わせて選ぶと薄めにメイクを行う休日には洗浄力が強すぎることもあります。

そのため、メイクの濃さなどのシチュエーションに合わせて使うアイテムを見極めていきましょう。

クレンジング後にW洗顔をすると肌に良いと知り合いに聞いたのですが洗顔時には洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを使うと良いのでしょうか。

メリット・デメリットを比較してみました。

固形石鹸のメリットとしては天然由来の成分でできているので肌に安全なことや泡立てさせるのが慣れるまで難しいので少ない量で洗うことになり長持ちすることが挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームの長所としてはネットを使わなくてもふわふわの泡ができることやプラスチックの容器に入っていることが多いので清潔に保ちやすいことです。

デメリットとしては肌へのダメージがあるとされる合成界面活性剤が必ず入っていることです。

ドラッグストアで買い物をした際、たまにサンプルをもらうことがあります。

化粧水などの場合もあれば、メイク落としで使うクレンジング剤の場合もあります。

その際、いつも使用している商品と同じなら安心ですが違う場合、肌質にあうか不安になります。

もし体質に合っても肌に与えるダメージが心配という人もいるようです。

そういった方には肌に優しい天然由来の成分で作られている洗顔石鹸でメイク落としを行っているようです。

石鹸を選ぶ際にも他のメイク落としや化粧品と同じように乾燥肌の方にはオイル成分が含まれているものを選ぶなど含まれている成分に注意してスキンケアしましょう。

美白・美肌を得るために様々なスキンケアをしている方も多いと思います。

スキンケアで最も重要とされていることを知っていますか?答えは洗顔です。

中にはクレンジング時にW洗顔不要と書いてある商品を使っている人も多いのではないでしょうか。

理想的なスキンケアという点から見ると正解とは言えません。

なぜかと言うと洗顔剤とメイク落としの両方の効果を持つということはどちらかの効果が弱くなっていることが予想できるからです。

例えば、メイクを落とす力が強い場合、肌への刺激もその分強くなり保湿などを目的とした洗顔効果は弱いと考えられます。

最も理想的な方法とされているのがクレンジング後に洗顔石鹸を利用することです。

参照サイト:アテニアとファンケルの違いは?関係あるの?【価格・品質を比較】

クレンジングクリームなどでのメイク落としは刺激が強いと聞いて低刺激なものをネットなどで調べると洗顔石鹸が出てきます。

確かに、薄いメイクの場合はこれでも大丈夫という人もいますがしっかりメイクをしている場合では綺麗にメイクは落ちないです。

なぜかというとクレンジングフォームと石鹸で落とせる汚れの違いがあるからです。

石鹸では、汗やホコリなどの汚れは落とせるのですがメイクをはじめとした油性の汚れは落とせません。

そのため、一番良い方法とされているのがメイク落とし後に洗顔をすることです。

洗顔用の石鹸を使う理由としては、全身の皮膚の厚さが2mm程度あるのに対し顔の皮膚は約0.6mmと薄くなっており必要な皮脂まで落としてしむことがあるからです。

生活用品の脱臭炭のように炭に脱臭効果があることは知っている方も多いと思います。

これは炭には目に見えないくらいの小さな穴が空いているのでそこに吸収されて起きる現象となっておりキッチンなど様々な場所の匂いが改善されます。

では、メイク落としなどクレンジングで使う洗顔石鹸にした場合、どんな効果が期待できるのでしょうか。

調べてみたところ、石鹸になったからといって脱臭効果だけでなく炭素の働きで肌サビを防いだり、血の巡りをよくしてくれる血流改善などのアンチエイジング効果も期待できるようです。

また、どうしても石鹸の色が黒くなってしまうので黒くなってしまわないか心配になりますが泡立てると白い泡ができるのでその心配はしないで大丈夫です。

特に、毎日化粧をする女性にとって肌の悩みは尽きないと思います。

特に肌への影響が大きいと言われているのがクレンジングなのですがその際に、洗顔石鹸も使って洗顔した方が良いようです。

市販の洗顔クリームなどクレンジング不要と記載されている商品は時間が短縮できることや清潔に保ちやすいメリットがある反面、肌ダメージの元の界面活性剤が配合されています。

そのため、場合によっては肌に合わないことがあります。

特に敏感肌の人は天然由来の成分で作られているものを使った方がいいと思います。

その理由としては敏感肌の人にも使えるとパッケージに記載されていても界面活性剤や香料・着色料などが入っていることが考えられます。