FXの売買タイミングは移動平均線で明らかになります

チャートの読み方を理解し、取引タイミングを決定できるようになりましょう。
移動平均線を確認することで、トレンドの判断を行えるようになります。
例を挙げて説明すると、短い期間の移動平均線と、長い期間の移動平均線を比較します。
短期間の移動平均線も、長期間の移動平均線も右上がりになっていれば、チャートが上昇トレンドであることが分かります。
また、逆に、短期も長期も移動平均線が右下がりになっていれば、下降トレンドであることが判断できるでしょう。
トレンドが上昇している場合は、その安値と安値を線で結びます。
そして、トレンドが下降している時には、高値と高値を線で結び、その状況を確かめましょう。
安値同士を結んだ線のことは下値支持線といわれ、紺線を下回るとトレンドが変わり、上昇から下降トレンドに移行したと判断されます。
また、高値同士を結んだ線は、上値抵抗線と呼ばれています。
この線を越えた場合には、上昇に勢いがあることが分かるでしょう。