カードローンで審査に落ちる理由

特に問題がないけどカードローンの審査に落ちる人がいます。
この場合、審査に落ちる理由として考えられるのは、ブラックリストと累積した融資限度額が多い人なのですが、短期間にいくつかのカードローンを申込むと警戒されて審査に落ちることがあります。
最近は年収証明書がいらないので、100万以下の融資を申込むことが多いようですが、人によっては年収をちょっとごまかしたいため証明書不要のカードローンをいくつか申込む例があるようです。
こうすることで貸金業法の融資制限を逃れることができると考えるようですが、相手もその点は承知しています。
少額のカードローンを短期間に複数申し込んでいれば、個人信用情報機関のデータで把握されてしまい、ちょっと危ない顧客だと思われてしまうのです。