レイクアルサはカードがなくても取引ができる?

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まずは審査時間の長さを紹介します。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とレイクALSAの違いは何かというと、審査時間の長さになります。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが多いです。

借入や返済もコンビニなどで審査時間が短く行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも借りやすいと人気です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査時間の短さは突出しています。

審査にかかる時間が長いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的にレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行とレイクALSAの金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、レイクALSAの金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからレイクALSAのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので審査時間が短く利用することができることですよね。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

レイクALSAの借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

引用:レイクALSA経営者が借りるには?赤字の場合の収入基準【審査厳しい?】

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、レイクALSAの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、レイクALSAの方が銀行よりも不利と言えますが、レイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

レイクALSAのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、レイクALSAなら簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので審査時間が短く借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。