毛深い人は家庭用脱毛器を買った方がエステよりコスパ高くてお手軽?

毛が濃いことにお悩みの方の場合には、納得いくまで何度でもOKな脱毛エステに行くのと同じと宣伝しているものもあります。

しかしそういった脱毛効果を発揮しない脱毛器もないわけではありません。

サロンを選択するのがピッタリです。

「毛深い人あるある」ですがツルスベ肌になるまでに何度も利用しなくてはいけないことが多いため、上限が決められている脱毛サロンで脱毛をしに行く際は毎回事前に、施術部位の毛を自分でできる範囲で処理しておくことになっています。

ムダ毛がたくさん残っていると施術を受けるのは無理なので、皮膚表面にムダ毛をなるべく残さないようにしておきましょう。

施術を受ける直前に処理するのはよくないので、二、三日前に行うといいでしょう。

そして、処理後のアフターケアもしっかり行なって皮膚をいい状態に保っておきます。

性能面では次々と新しいものが発売される脱毛器ですが、中にはあたかも脱毛サロンがいいです。

ニードル脱毛の場合、毛根の中に直接細いニードルを差し込んで電流を流して施術を行うので、施術の直後には赤く跡が残る事があります。

しかし、施術後に充分に脱毛箇所を冷やしてあげると翌日には跡がすっかり消えている方がほとんどだそうですのであまり心配ありません。

脱毛サロンに行くと、高額になりますよね。

少しでもお得に脱毛したいなら、定額で何度でもOK!なサロンのように楽な姿勢でできるわけではなく、自己処理できる部分は限定的で、最初は使うものの、後始末が面倒でいつしか疎かになっているのです。

脱毛器にせっかく高いお金を払ったのに満足に活用できずに死蔵品となるパターンはよくあります。

ムダ毛の中でも、産毛を思わせるような薄くて細い毛にはニードル脱毛が最適です。

光脱毛というのは黒色に反応するので、濃い太い毛には効果が出やすいのですが、産毛にはあんまり効果が強くありません。

その点、ニードル脱毛だと産毛でもしっかりと毛を処理することが可能です。

医療脱毛と言えども、施術を受けるときは、前もって処理することが大事です。

ムダ毛の自己処理が行われていないと施術不可能ですので、長さの目安はカウンセリングの指定事項を参考に処理することが推奨されています。

また、施術の一日前にせずに、数日前の処理を行うことにより、施術後の肌に問題が発症しづらくなるかもしれません。

参考:家庭用脱毛器で失敗?2ch口コミで選ぶ前に!【本音口コミランキング】

家で使える脱毛器具は色んな種類がありますから、どれくらい使用するのか、頻度はどれくらいかなど考えて選ぶのがいいですね。

顔のうぶ毛やアンダーヘアなど敏感な部分に使用できる脱毛器もあれば、お顔をきれいに整える効果もある機器もあります。

見た目や重さなど様々ですし電池がいらない脱毛器もあれば、反対に電池がいるものまで色々ありますが、あなたが思いっきり脱毛したいならばコンセントタイプの脱毛器がおすすめです。

楽天で脱毛器と言えばケノンですね。

レビュー件数は11万件を突破していますから、11万人以上の人が購入してることになります。

ケノンは約7万円もする脱毛器ですので、気軽に買えるお値段ではありません。

ぽんと買える商品ではありませんので、ヤラセを仕込むには費用が掛かり過ぎてしまいますし断腸の思いで購入した商品がどうしようもない商品だった場合、レビューにクレームを書いてしまうものです。

しかしケノンという商品の場合、多くの人が高い脱毛効果を実感しているからこそ、高評価につながっているのです。

ケノンは楽天の家電商品の中で1番売れている家電商品です。

しかも6年連続1位です。

ちなみに脱毛器ランキングは2380日連続1位という偉業も達成しています。

私も使ったことがありますが、本当に脱毛効果を実感できましたよ!脱毛器ノーノーヘアに関しての口コミや評判は、どういうわけかよくありません。

ノーノーヘアって、どんな感じの脱毛方法かというと、新技術サーミコンによる熱線を使う脱毛です。

それで、焦げ臭いニオイがする、鼻をつくニオイが耐えられないというお言葉が非常に多いです。

お肌に痛みを感じてしまったり、火傷をしてしまう恐れもあります。

amazonで脱毛器を検索し、評価順で並び替えてみたところ上位の商品がVekiaとOudayの商品で占めていることがわかりました。

画像を見る限りVekiaとOudayの商品は同じもののようですが、メーカーが違うのはどういうことなのでしょうか?Vekiaから販売されている脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方OudayもIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみにどちらの脱毛器も重さは581gです。

商品説明をしている画像は違うのですが、商品自体はやはり同じにしか見えません。

ちなみに1位の商品が450件以上の評価が寄せられていて星5評価です。

他の同一商品も星5です。

評価が偏り過ぎていますし、投稿時期がほぼ同じこともありやらせを疑うレビューもあります。

口コミを鵜のみにしてしまうと言う方もいるかもしれませんが、レビューというものは賛否両論あるのが普通ですから、口コミを見極める力を持つことも大切です。

脱毛器を使ってムダ毛を処理しているという女性もたくさんいるのではないでしょうか。

少し前の脱毛器はあまり性能が良いとは言えず、きちんと脱毛できなかったり、安全的な面で不安要素があるものがたくさんあったのですが、最新のものは格段に性能が上がっています。

高性能の脱毛器を使えば、たとえ体毛が濃い人でもきちんと脱毛できるのです。

脱毛器を買いたいなと思っていても、効果が出なかったらと思うと、一歩が踏み出せないですよね。

安いものは数千円程度ですが、高いものだと5万円以上するものもあります。

メーカーによっては、全額返金保証などのサービスがある場合もあるのですが、ほとんどのメーカーでそのようなサービスは付けていません。

また、全額返金保証を受けるには、火傷をしたなどの理由(要診断書)がないと保証が適用されなかったりもするので、全額返金保証があるからといって、必ず返金されるわけではないと思っておいた方が無難です。

では、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな時は口コミをチェックするのが重要です。

ただし、口コミもヤラセの可能性がある場合がありますので、良い評価悪い評価、どちらもきちんと掲載されているというのが1つの判断基準となります。

また、体験談などを実際に買って購入している人の意見も参考にしましょう。

脱毛は痛い、そう思っていませんか?確かにセルフ処理の場合、毛抜きで抜く場合があるかと思いますが結構痛いですよね。

また、ガムテープなどで毛を引き抜くのも痛いです。

ソイエなどの毛を引っこ抜く脱毛器も当然痛いです。

最近はワックス脱毛も人気ですが、こちらも無理やり毛を引き抜くタイプの脱毛法ですからやっぱり痛いです。

ならばフラッシュ脱毛はどうなのか?というと、ムダ毛を無理やり引き抜く脱毛法と比べれば痛みは雲泥の差と言えるでしょう。

光を照射するため、多少の熱さを感じることがありますが、アイスノンでしっかり冷やしてから照射すれば、痛みは感じません。

痛いということは、肌に負担がかかっているということですから、無理のない脱毛をおすすめします。

脱毛時に痛みを感じるときは、水や保冷剤などであらかじめ皮膚を冷やしてから脱毛器を使えば、痛みを抑えることができます。

肌にあてる光を任意にコントロールできる脱毛器の場合、出力を下げてみましょう。

もちろん、出力が高いほうが脱毛効果は高いです。

しかし、同じ人でも部位・肌質・体調などによって、痛みを感じる度合いは違います。

ストレスを感じながら使用してても、続けられないと思うのです。

弱くても使い続けることで効果はあるのですから、自分に合った無理のない脱毛をしていきましょう。

家庭において簡単にムダ毛の脱毛を行えるレーザー脱毛器が販売されています。

家庭における使用のためにレーザー量を控えているので、不安な思いをすることなく使用することが出来ます。

脱毛効果は医療機関に比べて低いですが、医療機関では予約する必要があり自身の発毛サイクルと合わないケースも多いです。

自宅で脱毛をするのであれば、自分の発毛サイクルに合わせて脱毛することが出来ます。

モーパプロは、家庭で使うことが可能な光脱毛器なんですが、普通の脱毛器ではありません。

豊胸器具や美顔器としても使用することができる脱毛器です。

モーパプロを手に入れるだけで、ムダ毛の処理が可能なことはもちろん、豊胸できて美肌にもなれるわけですから、評判となるのも当たり前でしょう。

多機能なのに、操作は容易で使いやすいです。

家庭用脱毛器と医療脱毛、どっちがより高い脱毛効果を得られるか?断然、医療脱毛です。

医療脱毛は、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを使用する脱毛法です。

脱毛サロンなどでも似たような脱毛法を採用していますが、医療脱毛の方が毛母細胞を破壊するパワーが強いのため、医療機関でしか医療レーザー脱毛が行えないのです。

そして、あらゆる脱毛法の中で、唯一医療脱毛だけが永久脱毛を謳って良い脱毛法となります。

ですので、もうこれ以上ムダ毛の処理に追われたくないという方は医療脱毛がオススメです。

しかし、脱毛効果の高い医療脱毛にもデメリットがあります。

それはずばり費用です。

家庭用脱毛器や脱毛サロンと比較するとその費用は桁違いです。

そして、レーザー脱毛は光脱毛と比べてかなり痛みを伴うという点も留意しなければいけません。

イーモリジュ。

どこかで聞いたことはないでしょうか。

ロングセラーの脱毛器イーモの後継機なんです。

トリプルショット(3連射)できるのが特徴です。

脱毛器としてだけでなく美顔器としても使えて、脱毛器としても1つのカートリッジで約1万8000回も照射できるなど、トップクラスのコストパフォーマンスです。

チャージにかかる時間はわずか3秒。

ムダ毛の処理にかける時間が短時間で済む点が魅力です。

でも、同社から発売された後継機「ケノン」のほうがいまは、人気がありますね。

レーザーを利用して脱毛する場合、脱毛してほしい所に照射を受けて、その箇所の毛を作り出す力を持つ細胞の組織を破壊してしまう方法です。

光脱毛に比べたらずっと破壊する力が強いせいで、肌に悪影響を与えることがあり、痛みの強さが大きくなる場合があります。

法的な決まりで、医師の責任下で行うことになっていますが、家庭で使えるレーザー脱毛器も買うことができます。

ブラウンというと、男性用の電気シェーバーのイメージがあるという方もいるかと思いますが、女性用の脱毛器もあるって知っていましたか?光脱毛の仕組みは、黒いもの(毛母細胞)に反応し脱毛を促すものなので、日焼けした肌だと肌を痛めてしまう恐れがあるのですが、ブラウンのシルク・エキスパートは世界唯一の技術で、肌の色に合わせて光調整することができます。

シルク・エキスパートは、ベーシックモデルと、プレミアムモデルの2モデル展開しているのですが、ベーシックの照射間隔が3秒なのに対し、プレミアムの照射間隔はわずか1、2秒であること、光の調節段階もベーシックタイプは3段階ですが、一方のプレミアムモデルは10段階もあることなど、プレミアムなりのハイスペックになっていますので、せっかく買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

フラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器は、メラニン色素に反応し、脱毛を促す仕組みになっています。

そのためほくろに過剰に反応してしまう恐れがあります。

ほくろが小さければさほど気にする必要はありませんが、ほくろが大きい場合、やけどの恐れがありますので、ほくろの箇所を避けて照射するか、保護シールを貼って照射から守ってあげると安心です。

ソイエのようにムダ毛を無理やり抜いて脱毛するタイプであれば、ほくろを気にすることなく使用することができますがムダ毛を無理やり引き抜くような脱毛器は、埋没毛になりやすかったりするので、色素沈着の原因になります。