転職活動は在職中から始めてもいいの?

転職の動きは在職中から始め、転職先が決まってから辞めるのがベストです。
退職してからの期間の時間が自由に使えますし、すぐにでも働くことができますが、転職先がすぐに決定しないことも想定されます。
無職の間が半年以上になってしまうと、採用の可能性が低くなっていきますから勢いで現状の職を辞職しないようにしましょう。
ボーナスを受け取り、会社を辞めて、やりくりをしながらまた次の仕事を探せば良いと楽天的に考えている人は、それ以後、就職難に陥る確率が高くなるので注意してください。
たとえボーナスを貰って退職をしたとしても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。
転職する時には計画を立てることが重要ですので、念入りに検討しましょう。
今とはちがう業種に仕事を変えるのはタフだと想像する方が多いですが、実のところはどうなのでしょうか?導き出された結論からいいますと異業種への転職は簡単にかなうものではありません。
経験者と未経験者の2人が残った場合、採用担当者は経験がある人を選ぶことが多いです。
というものの、成功する可能性がないわけではないので、励むことによって新しい仕事のチャンスを得られるかもしれません。

役員面接のポイント!事前のチェックで内定?【転職活動Q&A】